ハートは熱いけど体温が低い方は要注意!!


37.1度は平熱ってご存知でした?

 

こんにちは。小笠原です。

 

今日のテーマは

 

『あなたの体温が36.4度であるなら低体温であり

あなたが病気にならないためのリスクヘッジ』についてです。

 

普段の生活で体温を測る習慣はありますでしょうか?

 

大抵の方が体の不調(熱っぽい)を訴えたときに

 

体温計で測ってみる

 

くらいですよね。

 

基礎体温つけている方は別ですが、、、

 

1日を通してご自身の体温は変動しているが

それを把握するという作業をしないので

 

お身体の変化についていけなかったりします

 

「なんか調子悪いな、、。」って時は

体温がいつもより下がっている時が多いです。

 

データな話をさせてください。

 

1957年の日本の成人の平均体温は36.89

2008年の日本の成人の平均体温は36.21

 

という調査結果が出ています。

 

日本の成人の平均体温は、わずか50年間でで0.68度も下がってしまっています。

 

WHOの見解では、

 

健康な状態に必要な体温は

 

36.5〜37.1

 

と言われています。

 

平均的な体温が、それを下回ってしまっているのが、今の日本の現状です。

 

体温が昔よりも下がってきたということはお判りいただけたと思います

 

では、

なぜ、体温が低いといけないのか。

 

をお伝えします。

 

 

上記の

 

【体温の法則】

 

を見ていただけると一目瞭然。

 

あなたの体温が

 

『病気を呼び寄せる原因の一つ。』

 

になっている。

 

ということです。

 

今現在、二人に一人がガンで亡くなります。

 

原因は体温ばかりではありませんが

 

一つの回避手段として

 

体温を上げる

 

ってことを

 

考えて見ては

いかがでしょうか?

 

では、どうすれば体温が上がるのか?

は、次回の腸内環境編でお伝えしたいと思います。

 

 

【まとめ】

 

この時代に必要なのは

 

国民ひとりひとりが

必要以上に病院や薬に頼らず

 

生活習慣を見直すことで

 

自分の健康を自分で守る

という

 

予防医学の意識を持つことであると考えます。

 


体の内から元気にする”よたすけ”が思う「あの頃の元気だった姿」をいつまでも維持させること