海の家でシャンプーが禁止な理由(序)


 

江戸時代の人たちは遠い未来に文明が
発展して携帯電話と言うものを使って
通信をする姿は見えてたのでしょうか?

 

私たち人類は200年前の江戸時代と比べてみても
さまざまな技術の進歩を通じて目覚めざましい発展を遂げ
便利で豊かな生活を送れるようになりました。

 

江戸時代からの200年後の現代ってすごい発展してますが、
江戸時代の200年間ってさほど発展していないのがわかります?

 

 

この発展の差ってすごいですよね。

 

今後は200年先どころではなく、
2050年頃には想像もつかないような発展をしてるそうです。

 

AIの時代なので。

 

病気もほとんどAIが治してくれると思います。

 


便利な現代

 

付加価値をつけることで他との違いを見せることで
優位性が増し選ばれるようになることが多い。

 

余計な付加価値になる恐れもある

 

タイトルにあるように海の家などにある
シャワーでシャンプーの使用が禁止されて
いるのか

 

そもそもなぜシャンプー(洗髪)をするのでしょうか

 

もちろん

頭皮に着いた皮脂を取るため
髪の毛に着いた汚れ(汗やホコリ)を落とすため

 

 

ではないでしょうか

 

そうしないとどうなるか?

 

皮脂が溜まり毛穴がつまり
ニオイ」や「抜け毛」の原因になります。

 

皮脂が分泌されるのは
皮膚を乾燥させないためであり必要な物質です。

必要以上に落としすぎないことも重要です。

 

これらを「シンプル」に考えて
水やお湯で落ちるならそれでOKですよね

 

ですが「」と「
混り合ったり、溶けることができません。

 

では皮脂を落とすためにどうしたらいいのか
乳化』させる
ってことをします

 

そこで必要になってくるのが
界面活性剤」という物質です。

 

シンプルに
界面活性剤を選べば皮脂を乳化させることができ
汚れを落とすことができるってことです。

 

脂汚れにはなくてはならない存在ですね。

 

界面活性剤は
天然ものから石油系など
いろいろな種類があります。

 

選べるって便利な世の中ですが
いろいろあるから迷ってしまうんですよね。

 

汚れ(皮脂)を界面活性剤で
落とすと髪の毛がキシキシする

 

レモン石鹸で髪の毛洗うと
マックスキシキシだと思います。

で、

キシキシしないようにシリコンを配合する。

シリコンインやノンシリコンはこちらのサイトが詳しく書かれているので参考にしてください

美容師が教えるノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット|良いところと欠点も解説します

 

②に続きます